忍者ブログ
石破天驚
+カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
+カテゴリー
+フリーエリア
+最新コメント
[03/13 NONAME]
[03/13 NONAME]
+最新トラックバック
+プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
+バーコード
+ブログ内検索
+P R
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大麻種子の販売をホームページで広告して、大麻草の栽培を助長したとして
麻薬特例法違反(あおり・そそのかし)の容疑で、埼玉県に住むウェブデザイナー
を逮捕したそうです。容疑者は容疑を認めているということです。
大麻種子をめぐって今回の容疑で逮捕するのは全国でも初めてだということです。
「薬物」に関する記事は、以前に雑誌「現代画報」に載っていたのですが、
今の時代、当たり前のように手に入るようになってしまった薬物。大麻。
どうしてこのような時代になってしまったのでしょうか。
薬物はこの世からなくなってもいいと思っているのですが、どうして出回るのでしょう。
もっと厳しい取締りが必要になってくるのではないでしょうか。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報 詐欺・強盗事件の増加と若者 現代画報社
国際ジャーナルを求めて
PR
□ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
□ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
TOP

忍者ブログ × [PR]


Produce by Samurai Factory Inc.