忍者ブログ
石破天驚
+カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
+カテゴリー
+フリーエリア
+最新コメント
[03/13 NONAME]
[03/13 NONAME]
+最新トラックバック
+プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
+バーコード
+ブログ内検索
+P R
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新聞記事に載っていたものです。そして、記事内に社名が載っていたので
ここでもあえて記載させていただこうと思いますが・・・。

明治安田生命が12月3日に、今年生まれた赤ちゃんにつけられた名前の
ランキングを発表したのです。
毎年、その年に生まれた赤ちゃんの名前ランキングが発表されますね。
そのたびに「かわいい名前だな」と感じます。

今年は、男の子が「大翔」と書いて「ヒロト」「ハルト」「ヤマト」くんが
4年連続で、そして女の子は「さくら」ちゃんが6年ぶりに首位になったのです。

男の子の名前では、サッカーワールドカップの盛り上がりを反映して、侍ブルー
を連想させる「颯」、「蒼」、「海」に人気が集まりました。
また今年は寅年ですが、寅年から「虎太郎」や「大雅(タイガ)」なども増えて
いました。
女の子は「桜」や「菜」など植物系の感じを使った名前が上位10位のうち7つを
占めたようです。「莉子」ちゃんという名前が「子」という字が付く名前として
27年ぶりにベスト3に入るなど、「子」の付く名前も増えたようです。

ここのところ、字数も大切にされているようですが、あて字だったり凝った名前
だったりと、親としては意味のある名前をつけていると思いますが、読み方に
迷ってしまうような名前も少なくはないと思います。
これも時代の流れなのでしょうか。私の子供の頃には「子」とつく女の子が
当たり前のようにいたのですが・・・。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報 時計をあげる詐欺/現代画報社
怪しいものにきをつけろ!! okiの現代画報
PR
□ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
□ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
TOP

忍者ブログ × [PR]


Produce by Samurai Factory Inc.